石垣内科医院

facebook

副院長のアドバイスブック

石垣内科医院ホーム > 副院長のアドバイスブック > 石垣内科医院 副院長より挨拶

石垣内科医院 副院長より挨拶

医療法人社団瑞芳会 石垣内科医院

副院長 石垣征一郎

3b37ef70d77f44b92c41a3ad0da8478458bc561b-thumb-100x120-421.png

【プロフィール】

2001年3月 昭和大学医学部卒業

2013年3月 昭和大学医学部内科学講座神経内科学部門 講師 

2016年5月 昭和大学横浜市北部病院内科(神経) 准教授

2019年4月 医療法人社団瑞芳会石垣内科医院 副院長、昭和大学医学部内科学講座脳神経内科学部門兼任講師

(富士吉田市立病院、昭和大学藤が丘病院でも勤務歴あり)

資格:日本神経学会専門医・指導医、日本認知症学会専門医・指導医、日本内科学会認定内科医、医学博士

 長年、母校の大学病院で勤務しておりましたが、2019年4月から石垣内科医院副院長として働くことになりました。大学病院では内科医として、その中でも脳神経(神経内科)を専門にしていました。主な症状や疾患は、頭痛(片頭痛、緊張型頭痛 等)、めまい、しびれ、ふるえ、脳血管障害(脳梗塞、脳出血 等)、認知症(アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症 等)、パーキンソン病などの神経変性疾患、てんかん 等です。当院はCTを完備しているので、必要に応じて画像検査を行いながら診療していきます。また、生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病)は脳血管障害や認知症の危険因子になるので、これらの治療や予防は極めて重要です。生活習慣病、風邪・インフルエンザ、胃腸炎、花粉症などの一般内科疾患をはじめ、脳神経の症状や疾患でお困りの方は遠慮なく受診して下さい。

当院は1971年に私の祖父が開業した医院であり、祖父の代から診察を受けている患者さんもたくさんいます。長年通院頂いた患者さん・ご家族の健康管理を引き継ぎ、私の専門も生かしながら浜松の地域医療に貢献できたらと思います。

一覧ページへ戻る

写真:神経内科専門医・認知症専門医・医学博士 石垣征一郎

神経内科専門医・認知症専門医・医学博士
石垣征一郎

自分自身の健康に気をつけつつ、患者さんを健康にできたらと思います。

TOPへ